読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじらせてもうた

主にBLを食すHENTAIの雑記帳

改めてワンピースを読むとゾロサンおいしいです^q^

BL 少年漫画のBL語り ワンピース

 

王道的少年漫画の王道BL

未だに腐に根強い人気を誇るワンピース。

 中でも不動の人気No.1カップル、それが

 

ゾロサン!

 

f:id:naataso:20150929151726j:plain

 

性格や見た目が対照的な二人は喧嘩ばかり。 

でも、全く性格の違う二人が強く惹かれあうのは、恋愛ものにおける王道パターン 

 

つまり、王道漫画の王道BL。

こんなの萌えないわけがない!

 というわけで、今日はゾロサンについて語ります。

 

 

二人の出会い

この二人の何が美味しいって、出会いからしてアツいんです...

 

自分を救う為に足を失ったゼフに恩を感じ、オールブルーという夢を持ちながらもレストランで働き続けてきたサンジ。 

そんなサンジはゾロと出会い、ゾロの愚直すぎる生き方に軽くカルチャーショックを受けるのであります。

 

f:id:naataso:20150929222223j:plain

夢のためなら「命なんてとうに捨ててる」。

まっすぐな目でこう言い放ったゾロに対し、サンジは最初、

 

f:id:naataso:20150929150716j:plain

「ばかばかしい」と苛立ったように吐き捨てています。

 

しかしその後、

世界一の剣豪・鷹の目のミホークに対して命をかえりみず向かっていき、

見事に完敗したゾロを見て、サンジの心は揺さぶられるのです。

f:id:naataso:20150929215450j:plain 

f:id:naataso:20150929154138j:plain

「イカレてる」

そう思いながらも、最後は気持ちを抑えきれないように叫んでいます。

 

自分の夢や信念のためなら、命を捨てることすらためらいのないゾロ。

それに対して、幼少の頃からオールブルーという夢を持ちつつ、ゼフの下で寄り添うように生きてきたサンジ。

 サンジはゾロの姿を見て、夢に向かう一歩が踏み出せない自分を痛いほどに自覚したのでした。

 

このように、出会いから大きく心をかき乱されたサンジなのでした。

ゾロサン名物:喧嘩ップル

無事仲間になったサンジ。

ですがゾロに対して対抗意識を燃やしているのか、何かと突っかかったり張り合ったり。ゾロも負けじと応戦します。

喧嘩するほど仲がいいんですねわかります。

サンジ→ゾロ

個人的にツボな小ネタは、 空島編の夜の作戦会議の時のこと。(27巻)

 

焼き石シチューを作ったサンジ。ウソップにはシチューを普通に手渡ししています。

f:id:naataso:20150929153031j:plain

ですが、ゾロに対しては自分が座ったはずみで投げて渡して(?)いるのです。

f:id:naataso:20150929152912j:plain

どうしても普通に渡したくないようです。

 セリフもないちょっとした一コマですが、だからこそ滾る!!! 

ゾロ→サンジ

仲間に入りたての頃はサンジがゾロを挑発するシーンが目立ちましたが、

ゾロの方もわざとサンジが怒るようなことを言うようになりました。

サンジの扱いに慣れてきたようです。

f:id:naataso:20150929154308j:plain

第33巻 デービーバックファイト編

f:id:naataso:20150929151916j:plain

第46巻 スリラーバーグ編

f:id:naataso:20150929222803j:plain

第66巻 魚人島編

完全にからかって遊んでます。ごちそうさまです。

 

 ちなみに、ゾロサン愛好家たちに衝撃を与えたシーンがコチラ。(第74巻)

f:id:naataso:20150929224910j:plain

左から2番目の猫の着ぐるみがゾロです。 

 

「ウチのコック」

「ウチのコック」

「ウチのコック」

 

ははぁ、なるほど。

これがゆくゆくは「オレのコック」になるわけですね(自重しろ)

サンジのツンデレ

チンピラな雰囲気ただようサンジですが、初登場時にギンにご飯をあげていたように、優しい性格も持ち合わせています。

喧嘩ばかりのゾロに対してもそれは変わらないようです

 

初期のアーロンパーク編では、鷹の目の傷がまだ癒えていないゾロを心配しています。(第10巻)

海底に沈められたルフィを助けるため、傷だらけのまま海に潜ろうとするゾロ。

そして止めるサンジ。

f:id:naataso:20150929152217j:plain 

サンジが敵を倒すのを待つ時間がないと、なおも行こうとするゾロに対して↓

f:id:naataso:20150929152202j:plain 

「てめェこそ黙ってろクソ野郎」

この後サンジは魚人に対して完全に不利な水中戦に自ら持ち込みます。

つまりゾロの傷を気遣っての行動なんです。なのに、この言い方。

心配してるんだか喧嘩売ってるんだかわかりません。笑

ツンデレいっちょあがりです^q^

 

また、これ以外にも

アラバスタ編ではMr.1に手ひどくやられた傷を銃で撃たれたゾロを見て

f:id:naataso:20150929152414j:plain

自分のことのように悲痛な顔をしたり、

 

シャボンティ諸島でクマ(ロボ)に襲われた時は

f:id:naataso:20150929224018j:plain

ゾロの気持ちまで推測して心配しています。

 

仲間の中で一番気に食わないくせに、

実はゾロを一番気遣っているサンジ。

ああもう美味しいですううう^q^

  

尾田っちによる燃料投下

ワンピースの神なところは、腐女子が喜ぶネタをバラ撒いてくれるところです。

もちろん尾田先生はそんなこと意図していないでしょうが。笑

 

↓以下、単行本の質問コーナーからの情報

・サンジはゾロのことを何度か「ゾロ」と呼んでいるが、ゾロは一度も「サンジ」と呼んでいない

・サンジは夜12時に寝て5時に起き、ゾロは明け方4時に寝て7時に起きる(+昼寝)

・サンジはお風呂に毎日入るが、ゾロがお風呂に入るのは週に1回

ゾロは鍛錬であれだけ汗かいててお風呂は週1。さぞかし男くさいことでしょう(歓喜)

 

他にも、キャラを性転換させてみたり、

本編ではローの能力でキャラの心と体を入れ替えてみたり。

尾田先生のおかげで、今日も腐女子は元気です\(^o^)/

 

終わりに

子供の頃から親しんできたワンピースですが、

腐らせるとこんなに美味しい素材だと知ったのは割と最近のこと。

ゾロサンを知らなかったなんて、人生の半分は損してたようなものです←

流行り廃りが激しい最近の腐界ですが、ゾロサンは宝物のようにずっと懐の中で温めていきたいと思います。

って言っても本編ではもうず〜っとサンジが出てないんですけどね!(涙)

ROMー13―spit out your soul (K-Book Comics)
ROM-13
ブライト出版
売り上げランキング: 55,928