こじらせてもうた

腐女子のモノの見方

医療脱毛があんなに痛いなんて誰も教えてくれなかった

剛毛の主が医療脱毛にトライしたよ

こんにちは。naatasoです。

 

医療脱毛って知ってますか?永久脱毛なんて呼ばれたりします。

レーザーを当てて毛が生えなくなるようにしよう、というやつです。

 

エステ脱毛では何十回も通わなくてはいけませんが、医療脱毛は出力レベルが高いため5~6回通えばかなりの効果があります。

日々の自己処理に追われる女子にはまさに神。

脱毛後の女性の脇

 

ちなみに、自分の毛のスペックは...

  • 指毛を剃っても1日でまた目立ち出す
  • うっすらギャランドゥがある
  • ワキ毛は伸びかけの毛が直立するぐらい太い
  • Vラインはパンツの上からもっこりするぐらい大量 

昔から剛毛がコンプレックスだったので、割と勢いで受けることにしました。

あと唐突にあるかもしれない濡れ場的展開のためにね。レディのたしなみ。彼氏いないけど。 

 

調べてみると、メディオスター Next Proっていうあんまり痛くない最新の脱毛器があるらしい。

しかもお値段が比較的リーズナブルだったので銀座のブランクリニックというところに行きました。

 

「これでこのモジャモジャともおさらば〜」と脳内はバラ色、スキップでもしそうな足取りで施術に向かいました。

 

レーザーって、熱いんだね

レーザーのイメージ画像

一般的に全身脱毛の順番は、

脚や腕、背中やお腹のボディ→ワキ→顔やVIOの順番。

ボディの毛は薄いので痛みもなく、「なんだ〜楽勝じゃん♪」とホッとしたのもつかの間。

 

ワキとVラインが、

普通に、

くっっっっっそ痛かった。

 

看護婦さんが

「は〜いじゃあ照射しますよ〜」って優しく言いながら脱毛器を肌で滑らせるんですけど、「ピピピ」ってレーザーが反応するたびに毛穴の一個一個が猛烈に熱くて痛い。

 

バラ色気分はきれーに吹っ飛ぶ。叩きつけられる現実。

頭の中は「えっ!?想像してたんとちがう!?」とプチパニックです。

小学生ぶりにタイム使いたくなった。

 

ワキは涙目でなんとか耐えたけど、Vラインはさらなる痛さで、「もしかして皮膚、焼けてる?」ぐらいの熱さで、しかも実際、毛穴に残ったミリ単位の毛が焦げて煙出てた。あたりに香ばしい匂いただよってた。

 

ちなみにメディオスターnext proは蓄熱型で、同じ箇所を5回くらい滑らせてだんだん温度を上げていく仕組み。(ほかの機械だとワンショット)

なんだけど、ワキとVラインはもう1回目から熱い。1回目から「ッッツ」って息が漏れるくらいなのに、これからもっと熱くなっていく。恐怖でした。

 

自分も一応大人なんで歯を食いしばって我慢しましたが、

照射されるたびにもう魚みたいに身体ビクンビクンなってて、

もう途中から、裸で灼熱のレーザーを受けるこの状況って、拷問か何かなのかな?と思い始めるぐらいでした。  

 

痛みの原因:シンプルに熱い

痛みのイメージ画像

なんで医療脱毛がこんなに痛いのかというと、原因は単純に熱い。 

 

レーザーは毛の断面の黒いメラニン色素に反応して温度を上げ、一瞬で毛の奥深くの細胞を熱してダメージを与えるので、それを「痛い」と感じるんです。

皮膚は薄いほど痛みを感じやすくなるので、

脱毛の痛みの方程式は、痛み=毛の太さ× 皮膚の薄さ。ワキやVIOは痛みが強くなります。

一番キレイにした部位が一番痛いとか、世知辛いかよ。

 

看護婦さんも「痛いですか〜?照射レベル下げます〜?」って聞いてくれたんですけど、ヨーロッパ周遊できるんじゃないかぐらいの金を払っといて、おいそれと脱毛効果を下げられない。負けたくない、自分に。っていうよくわからない精神で迷う。と言いつつVラインであっさり陥落して出力を下げてもらいました。(下げても痛い)

 

術後、気恥ずかしさから担当の看護婦さんに「いっぱいビクビク動いちゃってすんません」と伝えると、 

彼女はとても爽やかな笑顔で

「大丈夫ですよ〜♪ もっとすごい人は台の上で暴れまくりで大変ですから ♪

とサラッと言っていた。怖い。笑

 

なんでもVラインを全剃りして脱毛するハイジニーナの場合、一番敏感な陰核の近くにレーザーを当てることになるため、脚を抑えるが大変なぐらいのたうち回ってしまうらしいです。い〜や〜(泣)

 

ちなみに医療脱毛は医師法に基づく医療行為。

医師や看護師でないと使うことが許されてないぐらい、危険性のあるシロモノものなんですね...ほぼノリと勢いで受けに行ってしまったよ。

 

逆に言うと、腕や脚などの比較的毛が細い部位はほとんど痛みはありません。

むしろ、ぬるぬるのジェルをあったか〜い脱毛器が滑っていくのは気持ちよくて、うっかり眠ってしまいそうなぐらい。

初めて医療脱毛を受ける人は、ボディから入って慣らすのもいいかもしれないですね。  

「痛いですよ」って書いといて 

医療脱毛のwebサイトでは医療脱毛の痛みは「ゴムを弾くような痛み」と表現されていることが多いです。

でも輪ゴムをペシっと当てるぐらいじゃなくて、1mぐらい離れたところからギリギリまで引っ張ったゴムをバチィィィンって当てたぐらいに感じました。

「人によってはのたうち回るぐらい痛みを感じる可能性があります」ぐらい言ってもいいかも。

でも痛かった分の効果はあったよ! 

結局、毎回の痛みに耐えるのが辛くなって3回でやめました。

私の行っていたクリニックは受けてない回数分のお金をきっちり返金してくれるところだったのでありがたかった。

肝心の 脱毛の効果はというと、3回でもかなり実感しています。

 

全体的に毛量が減って毛の太さが細くなりました。

指毛やギャランドゥは剃らなくても産毛で押し通せるものになりましたし、

男性並みの太さだったワキ毛は、細い糸くずのようになってちょろちょろとしか生えなくなりました。

VIOはさすがにまだたくさん生えていますが、毛量が減って処理しやすくなったのがありがたいです。

 

ずばり結論は、 

「医療脱毛は確実に効果が出るけど、

痛いのは覚悟した方がいい」でした。

 

エステだと全く痛くない代わりに時間が年単位でかかるし全身コースにするとお金も医療脱毛並みにかかるので、効果を実感したい人は医療脱毛をおすすめします。

 

特に私みたいに毛の太めな人や痛いのがイヤな人は麻酔有りのクリニックがおすすめ。自分が次にチャレンジするなら、麻酔のあるリゼクリニックにしようかなと思います。