こじらせてもうた

腐女子のモノの見方

寝起きの口が臭いので起き抜けにキスするときにどうしたらいいか考えてみた

どうもnaatasoです。セカンド処女です。

そろそろ一回目の記憶がなくなりそう。

 

前々から疑問に思っていたことがあります。

 

映画でもなんでも、恋人同士が寝起きにチュッチュするシーンってあるじゃないですか。

 

カーテンの隙間から差し込む朝日の中で、

恋人が微笑みながら、寝起きのかすれた声で「...おはよ」ってチュッとするやつですよ。

ああああもう書いてるだけで恥ずかしいけども。

やろう、ぜひともやろう。

 

でもね、あれを現実でやるには、

ちょっと高いハードルを越えなきゃいけなくて。

 

具体的に言うと、

お口が臭すぎて無理じゃね??ってことです。

どんなに寝る前に

念入りに歯磨きしよーが、

マウスウォッシュしよーが、

一晩明けてみればその努力は無になる。消える。

 

なんか調べてみたら、人って寝起きの息が1日の中で一番臭いんだって。(主語でかい)

どんなイケメン美女だろうが誰だって臭いんだって。

 

なんでかっていうと、

食後から8時間で口の細菌の活動が一番活発になるらしい。

そんで細菌が活動するとガスが発生して、それが臭いんだって。

どうりで臭いと思ったら、ガスなのね。

口からオナラしてるようなもんじゃんね。

 

そんな状態でチュッチュなんてしたらもう、

「ぅうわっっ!!くっっさ!!!!!」

ってドン引き事案に...

 

 

やだ...

悲劇じゃん...

 

 

しかもこの問題の辛いところは、自分だけじゃなくて相手もおくち臭いじゃん。

別に自分1人だけの問題ならちょっと早起きして歯磨きシャコシャコして何くわぬベッドに戻ればいいんですけど。ちょっとダサいけど。

まあさすがに口からオナラ出されて喜べるような性癖はしてないし。

 

どうやったらロマンチックな雰囲気を壊さずに

寝起きキッス、もとい、寝起キッスはできるのか?

 というわけでシミュレーションをした結果が、

「コーヒー片手に優雅な寝起キッス作戦」です。

 

抽出後のカスが消臭剤にも使われるぐらい消臭に定評のあるコーヒーの力を借り

さらに、寝起きの口臭というナイーブな問題をモーニングコーヒーという日常のルーティーンの裏に隠してしまおうという作戦です。

 

①タイマー付きのコーヒーメーカーを買っておく

この作戦の肝、それはタイマー付きのコーヒーメーカー

寝起きにキスをするためには、朝どれだけスマートにコーヒーを用意できるかが要。

起きた時にすぐコーヒーができてる状態がベストなんです。

できるだけ自分も彼も寝起きに近い状態でキスするのが良き寝起きチュッチュの必要条件なんです。(なんじゃそら)

 

 

世の中便利なもので、コーヒーメーカーに予約機能がついたものが売ってるんですね。

まずはこれを用意しておく。

 

②うまいことコーヒーを仕込んでおく

寝る前に翌日のためにコーヒーメーカーの準備をしておきます。

恋人といい雰囲気になる前にさっと準備しておくもよし、

寝る前のルーティーンとしてやっておくのもよし。

 

③翌朝、コーヒーメーカーの音と共に起きてコーヒーを注ぐ

さてスズメが鳴きだす朝チュンの頃、マシンが動き出します。

コーヒーを抽出するコポコポ...という音や部屋に満ちていく芳醇なアロマが優しくあなたを目覚めさせてくれます。

恋人が隣でまどろんでいる間にするりとベッドから抜け出し、2人分のコーヒーを用意しましょう。

自分のはお気に入りのマグカップで、恋人のは部屋に置いてある専用マグカップで。

 

④コーヒーを味わいながら恋人が起きるのを待つ

まずコーヒーの香りを味わいながら、猫のように足音を消してベッドに戻り、サイドテーブルに彼の分のマグカップを優しく置きます。

そしてベッドの上で淹れたてのコーヒーをゆっくり味わう。

そのうちベッドがもぞもぞ動き、恋人の目がゆっくり開くでしょう。

彼の意識がはっきりするまで少し待ちつつ、コーヒーを手渡す。

 

彼がコーヒーを飲んだら、

ついばむような寝起キッス。

コーヒーの香りと幸せな朝のひとときが2人を包み込むのでした。

(end...)

 

 

...ふぅ。盛り上がってしまいました。

 

念のため、

コーヒーメーカーの他に、

・小洒落たサイドテーブル

・恋人用のマグカップ

も用意するものリストに加えておきますね。

 

 

まあこんなことを長々と書いておいてアレなんですけど、

 

わたし彼氏いないんだった。(完)