こじらせてもうた

腐女子のモノの見方

ゾロとサンジはなぜ腐女子に人気なのか?

「腐女子の必修科目」

との呼び声も高いワンピースのゾロとサンジ。

 

f:id:naataso:20150929151726j:plain

ゾロとサンジはなぜ腐女子に人気なのか?

 

ビジュアルや真反対な性格など、腐受けしやすい要素があったのはもちろんでしょう。

しかし人気の背景には、彼ら2人の関係性が美味しいという要素が欠かせないと思うんです!!

そんなゾロとサンジの魅力を改めてまとめてみました。

 

 小競り合いが可愛い

ゾロとサンジの名物といえばケンカ。

ケンカはするけど本気で怒ってるわけではない、

じゃれ合いのような掛け合いが微笑ましい。

 

言うても初期の頃は、割りと本気でピリピリしてます。

 

 

f:id:naataso:20180325222200p:plain

(ONE PIECE 第9巻より)

ミホークに敗けたゾロをイジるサンジ。

青筋を立て、刀まで抜きだしたゾロ。

ウソップ辺りが見てたらガクブルしそうです。

 

ですが日々の小競り合いを重ねた結果でしょうか、

「アホ」「マリモ」「マユゲ」など小学生レベルの言葉が飛び交うケンカ芸に昇華されました。

 

↓変なあだ名の付け合い

f:id:naataso:20180325235624p:plain

(ONE PIECE 20巻より)

サンジの怒り方がツボです。

今気づいたんですけど、「素敵マユゲ」って地味に褒めてますねw

 

↓2年たっても健在な2人

f:id:naataso:20180325232818p:plain

(ONE PIECE 66巻より)

たまに意気ぴったりな2人 

いつも小競り合いしている2人ですが、たまには息がぴったりなこともあるのがイイです。

 

↓デービーバックファイトの共闘は興奮したよね。

f:id:naataso:20180410014409p:plain

(ONE PICE33巻より)

 

↓仲良く酒盛りする2人

f:id:naataso:20180325230006p:plain

(ONE PICE17巻より)

なんとこのコマではゾロがサンジに酒をついでいる事実!これは大きいですよ!!!(謎の興奮)

ただしこの何コマか後にはケンカしてます。笑

サンジに対してはボケるゾロ

最初はサンジがゾロを煽るケースが多かったのですが、だんだんゾロがサンジをイジることが多くなってきました。

ゾロは普段冗談を言うようなキャラではなく、サンジにしかボケないところがミソです。

 

↓普段のクールさから一変してひょうきんさを見せるゾロ

f:id:naataso:20180410011734p:plain

(ONE PIECE 32巻より)

 

↓すごく楽しそうにサンジをイジるゾロ

f:id:naataso:20180325214357j:plain

ゾロはポーカーフェイスですが、内心はサンジの反応を楽しんでると思うの。 

 

 

こういう掛け合いを見ていると、

逆に仲が良いんじゃないかと思ってしまうのも仕方ない気がします。

 

サンジがツンデレの極み

サンジと書いてツンデレと読む。

彼はそれぐらい絵に描いたようなツンデレを見せてくれますす。

 

ここで28巻、空島編でシチューを食べる時の一コマを見てみましょう。

 

↓ウソップにはちゃんと皿を手渡しているのに...

f:id:naataso:20180325224654p:plain

 

↓ゾロに対しては皿を投げて渡すサンジ

f:id:naataso:20180325224515p:plain

(共にONE PIECE 27巻より)

 

このシーンがすごいのは、

それまでケンカしてたからその延長で投げてるとかじゃなく、全くの無から投げてよこしてるんですよ。どんだけゾロのこと意識してるのかと。笑

 

ちなみにこの時ゾロは怒りもせず、しかも3コマ後に速攻で食べ終えてます。可愛い。

f:id:naataso:20180326002222p:plain

ゾロの怪我を一番心配するサンジ

そんな素直じゃないサンジですが、

彼は実はゾロの傷のこと一番心配しています。

 

初期のアーロン戦でもゾロが海に入るのを止め、代わりに自分が危険な海の中に入っています。出会って間もない時からすでに心配している...!

f:id:naataso:20180326002720p:plain

(ONE PIECE10巻より)

 

さらにアラバスタ編での時計台での攻防では、

銃で打たれたゾロを見て、サンジはまるで自分のことのように悲痛な表情をしています。

f:id:naataso:20180325223512j:plain

(ONE PIECE23巻より)

 

またバーソロミュー・くまと対峙したシーンでは、

ゾロのケガの心配だけではなく、心の中まで察しまくり。 

f:id:naataso:20180325212716j:plain

(ONE PIECE52巻より)

 

こういうのなんて言うんだっけ?

 

あ、思い出した。

 

ですね。

 

 サンジのことを心配してると言われて怒るゾロ

ちなみにゾロの場合、サンジのことを心配してると指摘されると怒ります。笑

普段めったなことで感情を揺さぶられないゾロが怒るということは、

図星をつかれたからだと解釈して良いですよね(^p^) 

 

f:id:naataso:20160210103208j:plain

(ONE PIECE 38巻より)

「心配してくれんのかい?」「するかバカ」

このやりとり...イイとしか言えない。

 

f:id:naataso:20160210005504j:plain

(ONE PIECE 80巻より)

いつも物事の核心を突くルフィさんがこう言うなら、そうなんでしょう(断言)

 

 

 秘密を共有した2人

中でもアツいシーンは、スリラーバーグ編でルフィを殺そうとするバーソロミュー・くまを2人が止めるところ。

ゾロはサンジのことを気絶させ、一人でルフィを見逃す代償を払いました。

f:id:naataso:20180410011020p:plain

ルフィを助けたことをルフィ本人に言わず、秘密を共有する2人。

こういうエピソードがね、2次創作のネタになっていくんですよ...!

  

まとめ

ああ...楽しかった。

お互いにベタベタしすぎず、それでいて息がぴったりな時もある。

こうやって改めてまとめてみると、ゾロとサンジはいいなあと思いますね。

 

今サンジ奪還編の現在は2人は離れてますけども、

再会するのが楽しみです!