こじらせてもうた

主にBLを食すHENTAIの雑記帳

「ケツ毛」という言葉は男女で意味が違う説を提唱する

「ケツ毛」という言葉が表すものは男女で違うのではないか?という仮説が、

ここ2年くらいずっと気になって頭から離れません。

f:id:naataso:20171230190635j:plain

女のケツ毛が桃の表面を覆う毛なのに対し、

男のケツ毛は桃の割れ目内部に生える毛のことを言っているのではないか??

ということです。

 

くだらないにもほどがありますが、

年末ということで、記事にして成仏させたいと思います。

 

 

男のケツ毛=守護神

これに気づいたきっかけは銀魂を読んでいてのことでした。

近藤局長や空知先生自身が自分のケツ毛に相当コンプレックスを持っているというエピソードが描かれていたんです。

ケツ毛は尻の表面に生える毛だと思っていた私は

「そうか近藤さんは剛毛の桃みたいな尻してんだな〜」と思う反面、

「でもそれってそんなに悩むことなの?」と心の中でひっかかっていたのでした。

 

そしてさらに男性にとってのケツ毛の意味が解明したのは、

ネットで有名になったケツ毛◯ーガー事件についての記事を読んでいたときのことでした。

 

ケツ毛◯ーガー事件とは、

ファイル共有ソフトから女性の卑猥な写真が流出した事件のこと。

写真からつけられたあだ名でネット民からおもちゃにされ、しかも女性の身元まで特定されてしまった悲しい事件です。

(被害者が存在するため一部伏字にさせていただきます。)

 

事件のあらましを読むにつれてネットの怖さと憤りを感じたのですが、

私は全く別方向で撃くことになりました。

 

それは、肝心のケツ毛◯ーガーの画像を見てみると

自分の想像していた「ケツ毛のバンズで具をサンドする」ものではなく、

「ツルツルのバンズで毛の塊ををサンドする」というものだったからです。

 

「あー、ケツ毛ってこういう意味だったんだ!!」と目からウロコが落ちる思いでした。

 

女のケツ毛には別の名前がある

女性の場合、ケツ毛という呼び名から連想されるものは

ケツ、つまり尻の表面に生えた毛を想像するでしょう。

 

なぜなら女性の場合、

尻たぶの内部の毛には「I・Oラインの毛」という別の名前があるからです。

 

(脱毛用語でビキニラインから肛門周りに生える毛のことを総称してV・I・Oと呼びます)

 

(もっとお下品な言葉になると「ま◯毛」)

 

おそらくですが男性の場合、蟻の門渡りから肛門までの範囲を総称する呼び名がなく、「ケツ」という言葉で呼び表しているということなのでしょう。

 

終わりに 

私にはこんな下のネタを相談できる男性の友人などいないので

「ねーケツ毛ってどういう意味??」と確かめる術はありません。

 

ケツ毛についての一つの可能性として読んでいただければ幸いです。

「ちっげーよ!!」と思った方は教えてください。 

 

ちなみにこの記事はカフェの通行人から見える席で(そこしか空いてなかった)内心ドキドキしながら書かれました。