読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじらせてもうた

主にBLを食すHENTAIの雑記帳

結局おそ松さんとはなんだったのか

さぁ、おそ松さんの最終話が放送されてたっぷり一ヶ月。

もう春の新アニメに突入しているっていうのに今さら感MAXですが、こんなタイトルの記事書いちゃいます。

 

だってこの半年くらい、おそ松さんには大分お世話になったんです。

毎週毎週楽しく見てたし、腐にもハマったし、一時期これはおそ松さんブログか!?ってぐらい記事連発してたし。

(そしてブログのアクセス数的にも 笑)

ここで総括しとかないと、なんだかモヤモヤして先に進めない。

 

ってことで、

熱狂の祭りがひと段落ついた今、

改めて「結局おそ松さんはなんであんなに腐受けしたのか」

とボンヤリ考えてみました。

f:id:naataso:20160504055937j:plain

 

 

おそ松さんは、腐女子ドールハウスだった

一言でいうと、腐女子にとっておそ松さんは、

子供にとってのシルバニアファミリーだったんじゃないかなって思うんです。

 

ウサギやリスのお人形を着せ替えして動かし、

生活を想像しながら遊ぶシルバニアファミリーのように、

一つ屋根の下に住む個性豊かな6つ子を頭の中で動かし、

各々で自由に想像して楽しむ。

 

つまりおそ松さんが他のアニメの腐と違っていたのは、

青エクやタイバニのような二人の間の強い絆ではなく、

黒バスやハイキューのようなスポーツ漫画のチームの絆でもなく、

 

6という、

つながりの強さと人数の多さとを兼ね揃え、

さらに同質性と多様性までも両立させたこれまでにないグループだったということ。

 

「見た目は似てるけど中身は全然違う6人」だからこそ想像が広がっていきやすく、

結果として

ケンカ松、マフィア松、ホラー松などのパラレルワールド

一カラ、おそチョロ、一十四などのBL松など

多様な二次創作の生まれる懐の深いコンテンツになったのでは?と思うのです。

 

(便宜上、想像が広がることととBL化することをほぼイコールにしています。

もちろん"想像"の中にはNLもBLも恋愛ではないものも含まれており、必ずしもBLになるわけではありません。腐女子の雑食性からすると想像が広がるところにはほぼ必ずBLが口を開けて待っているのです)

 

加速しろ!腐のダイナミズム

さて、おそ松さんの BL化をシルバニアファミリーに例えてみましたが、それは腐女子一人一人の頭の中で起こったこと。

 

そこからさらにBL松が爆発的に流行した背景には、

ソフト面として、現代ならではの「腐女子同士の相互作用」があったからです。

 

ここでのインフラはtwitterとpixivの二大巨頭。

アニメを見た人たちが絵や漫画を投稿し、そこからインスピレーションを受けた人がさらに投稿する、いわばインスピレーションの連鎖が起きます。

そうして作品数が増えてコンテンツが熟していくと、上記の「一カラ」「ケンカ松」のように、作品の中の一種のジャンルとして確立されていきます。

 

例えば(以前にも出した例で申し訳ない)おそチョロの「デビルと女神」はその典型。

アニメ11話のデビルおそ松と、2話の女神チョロ松を掛け合わせるという新しい発想は、twitterで流行り、pixivで流行り、ついには「デビめが」という一つのジャンルになってしまいました。

 

このように、ユーザーの交流から色々なジャンルが生まれ、全体的な2次創作が急速に充実していくんですね。名付けるなら、「腐のダイナミズム」って感じでしょうか。

 

ここで私感になるんですけど、この現象ってすごくロマンがあると思うんですよね...!

だって、なんにもないただの荒野に、その作品を見た人たちが二次創作に励んで、みんなで卑猥な城を構築していくんです。

 

ニコニコ動画があんなに発展したのも、なんのへんてつもない動画に視聴者のコメントで新しい面白さが生まれるっていう参加型の面白さがあったからですよね。

 

中にはFree!うたプリみたいに、公式がBLとしての基礎を多少築いてる場合もあるけど、大体は草の根運動みたいにゼロからスタートするわけです。燃料は腐女子の妄想力のみ。

 

そこから2次創作が広がっていって、マイナージャンルの小さな城にとどまることもあれば、そのシーズンで圧倒的人気を誇る巨大な城になることもある。

 

まぁ腐ってない人から見れば迷惑でしかない現象なのは置いといて、笑 

私はそこに大きなロマンを感じずにはいられないんです!!

 

...つまり話を本筋に戻すと、

おそ松さんは、腐のダイナミズムが生んだ一大建造物だったよってとこですかね。

ここテストに出ます。

 

 終わりに

おそ松さん本編の最後の方の回は感想記事あげてないんですけど、

チョロ松の手紙とかまじおそチョロ過ぎて公式神だったし、カラ松がおそ松ぶん殴るとことか震えるほどかっこよかったし、そこからまさかの最終回で見せ場がクソ下ネタだったし...

f:id:naataso:20160504054226j:plain

もう最後の最後まで楽しめました!ありがとう!

 

2期が秋にあるとかないとか噂になってますが、

個人的にはあんだけ売れちゃったらビジネス的に続きをやらないわけにはいかないだろうとか思いますが、笑

今のところは大人しく成り行きを見るしかありませんね。

ちょぴっと期待しつつ待ってます!!