こじらせてもうた

主にBLを食すHENTAIの雑記帳

はらだ先生の新作『カラーレシピ』を読んだ衝撃がおさまらないよ...

 

待ちに待ったはらだ先生の新作『カラーレシピ』

発売日に本屋に行ったらまさかの売り切れ!で、泣く泣くamazonで頼もうと思ったらkindle版があったので嬉ションするところでした。

 

読んだ感想は、

「ちょっと、読んでない人、はやく読んで!!

なにも言えないけどはやく読んで!

そして興奮を味わって!!」

って鼻息を荒くしながら人に勧めたい感じです。(←どないやねん)

 

※核心部分は書きませんが微妙にネタバレありです!

 

メインカップルは

(受け)腕はいいけど無愛想な美容師のショウくん

(攻め)トーク力のあるイケメン美容師の福介

という全く対照的な美容師× 美容師のお話です。全体的にオシャンティ☆

 

で、この本の何がすごいって、途中までは

 

「今回のカプは『やじるし』の足を怪我したカプに似てるなぁ」とか

「カプの片方は何年も前に出会ったことを覚えてるのに、もう片方はそれを忘れてるとこは『よるとあさ』っぽいなぁ」とか

「また『やたもも』の須田みたいなネチっこい当て馬キャラ出てきたなあとか多少の過去作品のデジャビュを感じつつ、

 

なんやかんやで最後はくっつくんだろうな〜って思いながら読んでいたのに...

 

ファッ!?なにこの展開!?

 

見事に予想を裏切られました\(^o^)/

 

伏線が回収されてないところもあり、ちょっぴりあれ?と思ってはいたのですが、それでも衝撃がでかかった。

背筋がゾォ〜っと冷たくなったよ...

 

やっぱりはらだ先生は、愛の比率が→→→→→←のような、一方通行の愛に押されて相手が応えるっていう形が好きで、それを描きたいのかなって思いました。

『やじるし』然り、『よるとあさ』然り。

今回のお話はそれの極端なバージョンって感じですかね。笑

もはや「愛」とか「好き」とか、そういう言葉じゃなくて、「執着」みたいなものかな。

 

キャッキャウフフのお花畑BLではないけれど、だからといって「1回読んだらもう読まない」ような暗すぎる、怖すぎる話じゃない。

読んでいて脳内物質がブワァーっと出るような、癖になるところがはらだ先生の作品の魅力だと思いました!

 

P.S.

エロですが、あるにはありますが割とあっさりでした!

エロもあるけどストーリーに重きを置いてる感じです。

(ですが個人的に巨根な攻めと苦しい受けっていう構図が好きなので満足でした←)

 

あと、はらだ先生の作品ってサブキャラも魅力的だなって思いました!

今作のリクちゃんもいい味出てて//

いろんな作品のサブキャラを絡ませてたおまけとか描いてくれたら血を吐いて喜ぶ...