読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじらせてもうた

主にBLを食すHENTAIの雑記帳

おそ松さん13話について言いたいことが多すぎて息ができない

おそ松さん

 

 あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれは おそ松さん13話を見始めたと思ったら、それは実松さん3話だった」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何をされたのか わからなかった…

 

f:id:naataso:20160105135545j:plain

 

 

というわけで2クール目の一発目はまさかの中年オヤジからスタートしました。 

 

「また6つ子が見れる!」とワクワクしていた期待をのっけからぶん殴られました。笑

どう落ちるのだろうか...と見守っていたら、まさかのホラー落ち!

1話でいかんなく発揮された"予想の斜め上をいくスタイル"はここでも健在でしたね。

  

女子松さん

2次創作の定番である女体化。

男を女に転換することで、視点が変わった面白さを追求できるのが醍醐味。

まさか公式がやってくれるとは思いませんでした!興奮!!

 

でも個々の女子像がリアル過ぎて、萌えるより先に腹筋崩壊しちゃったよ!

これ収録スタジオ盛り上がっただだろうなw

 

 

おそ松→姉御肌OL 

f:id:naataso:20160106112303j:plain

普通にイイ女やん!

モテについて語るところ、ものすごく共感してしまった...

 

カラ松→スポーツ肉食系

f:id:naataso:20160106112341j:plain

「カラコ〜」って呼ばれた時の返事の野太さ。笑

「ファックス!ファックス!」ってf◯ckが複数形になっただけなのにピー音から逃れられる高等テクニックですね。なるほど。

トンボを引き離そうとしてちぎっちゃった話は不器用で根は優しいカラ松らしさが出てますね。笑っちゃったけど。

 

チョロ松→腐女子

f:id:naataso:20160106112415j:plain

ダサいオタクを女体化するとこうなるのね。

でもチョロ松は周りから見える自分を気にしてそうなので、普段は一般人に擬態してる腐女子なんだろうな、といらぬ推測を立てる。

一人で妄想して笑うところがリアル過ぎて笑いたいけど笑えなかった...

 

一松→クールミステリアス

f:id:naataso:20160106112543j:plain

めっちゃ美人!そして声がきれい!

でも息が臭いくだりは腹かかえて笑った。

内臓悪そうな息の臭いってあるある。

 

十四松→山んばギャル

f:id:naataso:20160106112619j:plain

十四松とギャルのまさかの親和性で爆笑。

たしかに天真爛漫で心がオープンなとこがぴったりなんだけど、声がもろオカマ。笑

声優さんがノリノリな姿がすごく目に浮かびました。

 

トド松→山ガール

f:id:naataso:20160106113716j:plain

「地球って、宇宙船に乗る仲間達なんだよね☆」

星空とか山が好きなロハス系女子?

cancamとかの清楚系かと思ってたから意外でした。

でもあざとさと腹黒さは安定でしたね。

 

 

シコ松

 

年末スペシャルの副音声でピヨピヨ音になってたのはコレのことだったんですね。

 

f:id:naataso:20160106114615j:plain

 

おそチョロ推しの私は大歓喜ですよ!!\(^o^)/

 

0721の途中で急に部屋に入ってきちゃったとか、

 

これpixivで見たことあるやつ!!

これpixivで見たことあるやつ!!

 

もはや腐らせない方が難しいのでは...?って開き直っちゃいますよ。

 

どんだけオカズを提供してくれるんでしょうね公式は。

 

そしてTwitterではこんな考察も...

 

バーロー並の名推理!

 

たしかに、もしおそ松が自分のエロ本が持ち出されていることをわかっていたとしたら、現場を押さえるためにわざと入っていったとしてもおかしくないですよね。

それとも、単にシコ松が見たかっただけという可能性もゲフンゲフン。

 

真実はいつも一つですねわかります\(^o^)/

 

その後6つ子を巻き込んだ喧嘩になってますが、この喧嘩が良かった。

なぜかって、いちいち兄弟の地雷を踏み抜いていくんです。

(おそ松兄さんは特にダメージないので割愛)

 

チョロ松の場合

「なーんか自分だけは違いますスタンス?

特にあの就活してますアピールが腹立つ!結果なんもやんねーし!

やってることといえば部屋で一人シコ(略)」

 

デリカシーは無いけどかなり鋭いおそ松の主張。

どうやらチョロ松は「働かなきゃ!」というポーズだけとって結局何もやってなかったようです。

これはクズと言われてもおかしくない。

 

「アイドルオタクはプライド高いんだから」

というトド松の何気無い発言も地雷だったよう。

プライド高くて周りの目を気にするから、↑のような行動につながるのかも。

 

 

トド松の場合

「お前ほんとはいらない存在なのに、なに調子に乗ってんの?」

「偶数だとフワっとすんだよ。でも5人だと...シックリくる」

 

チョロ松がかなり冷たいです。

 一番遅くお腹から出てきたばっかりに、いちゃもんつけられちゃうトド松。

ふてくされるところ可愛い。

 

f:id:naataso:20160106122755j:plain

 

そして一松には

「いやお前そんなにルックス良い方じゃ無いよ。ただあざといだけ。

しばらくすると飽きるよね」

とトドメを刺される。これはダメージでかい。

女友達がいるのに彼女ができないのはやはりここに要因が...?

 

一松の地雷

「そろそろそのキャラやめたら?

ほんとはごく普通の人間でしょ?

エスパーニャンコの時証明されましたよね〜え?

「闇ゼロwwwノーマル四男www」

 

一松のキャラがブレてるといろんなところで突っ込まれていたところ、

公式で指摘されてしまいました。

ブチ切れてトッティをボコボコにするかと思いきや、そのまま逃亡するという可愛らしさ。一松が遠慮なく凶暴性を発揮できる相手はカラ松だけなんですかね...

 

ちなみにオカズがケモノ系であることが発覚しましたね。

そこはアブノーマルなのね。

f:id:naataso:20160106120204j:plain

 

十四松の場合

「ってか十四松っていつからこんな感じ?

子供の頃こんなんじゃなかったよね?」

「実は一番闇を抱えている可能性あるね」

 

何気なく怖いこと言われてます。十四松の過去になにがあったのか!?

これは考察がはかどりそうですね\(^o^)/

 

カラ松の場合

安定のスルー。

f:id:naataso:20160106125330j:plain

「俺にも何か不満があれば...」

って不満なのはそういうところだよ!もう手の施しようがないよ!

2期でもかわいそうなカラ松でした。

 

 

 

ってことで、盛り沢山の13話!ごちそうさまでした!