読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじらせてもうた

主にBLを食すHENTAIの雑記帳

レビュー|やっぱりはらだ先生は天才だった『パライソ』

はらだ先生の銀土が読める!

単行本は全て買い、新作を心待ちにしている、すっかりはらだ先生ファンな私。

 

ところで、amazonでははらだ先生の同人時代の作品集が売られています。

 

銀魂の銀時×土方を描いた『パライソ』という作品。

新作を待つ間の渇きを癒すため、購入してみました。

 

はらだ―パライソ (The best best)
はらだ
ソフトライン 東京漫画社
売り上げランキング: 4,624

 

 

 

 

読んだ感想はというと、大☆満足でした。

 

話もエチも濃密でボリュームたっぷり。

っていうか同人誌なのにクオリティ高いです。

商業デビューする前の作品ですが、普通にプロレベル。

ところどころに後の商業漫画の原型のような話もありますので、ファンはそこも楽しめると思います。

 

 S銀さん×色っぽ土方

f:id:naataso:20151106111241j:plain

 

土方さんは平常時は原作通りのイケメン。

でもエチ時はものっそい色っぽいです。そのギャップがたまらん。

 

色っぽさと言っても女っぽいわけじゃなくて、ちゃんと男なんだけどいじらしくて虐めたくなっちゃう系です。全体的に責められてあぐあぐ言ってます。

 

一方銀さんは、純情な話とSっ気強い話での違いがすごいです。

 

f:id:naataso:20151106111516j:plain

 

両極端な感じ。でも、どちらの銀さんもあまり違和感ない不思議。

 

 

次に、特に気に入ったお話を紹介します。

「迂闊な約束はするな」「依存の先」

今作もはらだ先生らしく、ただ甘いだけ、ただエロいだけというのではなく、「歪み」というスパイスが効いています。

 

一番エグいのは、「迂闊な約束はするな」という話。ゲス全開です。

 

f:id:naataso:20150930150032j:plain

 

針が振り切れてるというか、狂気を感じるぐらい銀さんが容赦ない。

土方くんがひたすら可哀想なんだけど、でももっと泣かされていいのよ、とS心も開発されちゃうお話でした。

 

また「依存の先」というお話は、先生が生徒を脅して致すという、よくあるエロ同人の展開。

 

f:id:naataso:20150930150117j:plain

 

しかし終盤にかけて、ジワリとはらだ色が顔を出してきます。

 

私なんか最後の方は全く違う展開を予想していたので、いい意味で裏切られてしまい、もう一回タイトルから読み直しました。

 

「おとしもん」

あとはらだ先生の漫画の特徴として、話の設定が凝っているというか独自性があるんですよね。

『変愛』の天使の話とか、メシアの話とか。

今回の同人誌でも、

土方さんのネオアームストロング(略)砲が突然ポロリと取れちゃうというぶっ飛んだ設定のお話がありました。笑

 

しかも何がすごいかって、そのギャグ路線なストーリーから

濃いいいいい本番まで見事に話を繋げちゃうこと!

この「おとしもん」という話のエチシーンでは思わず、

「うーむ、そう来たかぁ..」と唸ってしまいました。

感心しながら読むようなシーンではないんですけども。笑

これぞエロ・ファンタジスタって感じでした。

 

「落ちる」

個人的にはらだ先生の描く学生の甘酸っぱいお話がすごく好きなんですけども、

今回の大学生設定の話も超ツボでした。

この設定で一冊まるまる読みたいくらい!

 

f:id:naataso:20150930150350j:plain

 

銀さんと土方の喧嘩してる感じが、あれこれ原作だっけ?って思うレベルの再現度

この二人のやりとりだけずーっと24時間見ていたい←

 

あとこのお話の絵がすごくいい!怒り、悲しみ、驚きなど、感情の一つ一つが突き刺さるように伝わってきした。

 

パライソ2も読みたい!

というわけで、買って本当によかった一冊でした。

やはり、同人誌時代からその才能を発揮されてるな〜という印象。

パライソ2も読みたい!

でもレビュー見てみたら刺激の強い話もあるみたいなので、心してかかりたいと思います。

 

はらだ―パライソ (The best best)
はらだ
ソフトライン 東京漫画社
売り上げランキング: 4,624

 

同人誌セレクション はらだ2 (The best best)
はらだ
ソフトライン 東京漫画社
売り上げランキング: 3,440