こじらせてもうた

主にBLを食すHENTAIの雑記帳

こじらせてる腐女子のよくある日常

誰かが見てる前でamazonのサイトを絶対に開けない

f:id:naataso:20171022060031j:plain

 

新刊をすぐに読みたい時や、

レビューを調べたい時(amazonレビューは冷静で文も長く信頼度が高い)、

またkindle版が安い時など、

なにかとお世話になるamazonさん。

 

ですが、そこには弱点が。

蓄積されたBL商品のデータがあなたへのおすすめに反映され、

トップページを開けばBL作品ばかりが画面を埋め尽くすことになるのです

...ひぃっ!! 

 

わかってるんです、これはサイトを使う人が快適になるよう最適化されているだけであって、amazonさんに悪気なんてこれっぽっちもないことは。

でも、もし人前でこれを開陳してしまったら...

恋人や親、会社の人、もしくは友達に見られてしまったら...

  

最悪の場合、社会的に死にます。 

そういう死活問題の火種を抱えているという意味では、

割とデンジャラスな生活を送っていると言えるでしょう。

漫画やアニメの話をするとき、腐バレしないかヒヤヒヤする

f:id:naataso:20170123014603p:plain

非腐女子と漫画やアニメの話をするとき、

「どの作品のことを話せば腐女子バレしないかな?」

と常に気を使いながら話をする必要があります。

 

素直に「弱ペダとハイキューとおそ松さんが好きです!」と言ってしまうと、

ネットに詳しい人には腐臭を嗅ぎ当てられてしまうでしょう。

 

ましてや「Free!」や「ユーリ!!! on Ice」なんて一発アウト。

できることと言えば

「いや、ディーン・フジオカがオープニングを歌ってるからちょっとね」

なんてお茶を濁す程度でしょう。

 

バレないように腐女子ライフを送るにはある程度の擬態が必要になってきます。

 

この場合一番オーソドックスなのは、

ワンピース、コナン、銀魂、ナルトなど国民的人気のある作品です。

たとえ腐女子人気が高くても、

その他大勢のフツウに楽しんでいる人の割合が圧倒的に大きいので、

腐女子の存在をかき消してくれます。寄らば大樹の陰。

 

次に少女漫画全般。

ちなみに一番好きな少女漫画は失恋ショコラティエですが、

「窮鼠はチーズの夢を見る」から水城せとなさんにハマって読んだので、

結局BLが起点になっているのがミソです。

 

あと、男性人気の高いコアな作品(バキ、カイジ、コブラなど)も安全パイ。

最近は「好きな作品は?」と聞かれたとき、

「JOJOかな(ドヤ顔)」

と答えることで腐臭を一切シャットダウンするというテクニックを使っています。

 

ジョジョにも承花・仗露などの人気のCPがあるにはありますが、腐を目当てに読むにはちょと骨太すぎる作品なので...

一般の人と話すための教養として、一度チェックしておくことをおすすめします。

本屋でBL漫画を買う=もはや修行

どんなにキレイめな服を着てようが、

メイクで綺麗に盛れてようが、

 

本屋さんでBL漫画を買うってことは、

「私は男と男がエッチしてる漫画を読むのが大好きですー!!」

と声高らかに宣言しているようなものです。

 

 

「みんな他人のことなんて気にしてない」

「BLを買う人なんていっぱいいるから店員さんも気にしない」

「っていうかお店にある商品を買っていって何が悪い」

 

などと心の中でブツブツ唱えて、

精一杯自分を勇気づけないとレジに向かえません。

 

じゃあamazonとかで買えばいいって話なんですけど、

好きなシリーズの新刊は一分一秒でも早く読みたいからどうしても本屋で買っちゃうんですよね。

 

 ブックカバー事件

一度やらかしたことがありまして。

超エロいと評判のBL小説を買いに行ったときのことでした。

 

対応してくれたのは黒縁メガネのクールな書店ボーイ。

「カバーをつけますか?」というお決まりの問いかけに、

若干カブせ気味に「お願いします」と答えました。

 

内容はエロいけど表紙があんまりBLBLしてなかったので、

「買いやすいやつでラッキー!」と油断していたのが運の尽き...

 

店員さんがカバーをつけるためにペラっと表紙をめくると、

折り返しの部分に、明らかにオスとオスがあんあんしてるドギツいカラーイラストが目に飛び込んできたのです。

 

今まで数多の商品を売ってきたであろう店員さんもさすがに手が一瞬止まっていて、

辺りの空気はお互いの気まずさで満ち満ちていました。

もう穴を掘って自分を埋めたくてたまらなかったです。

 

見られても恥ずかしくないようにカバーをしてもらうはずが、

逆に何倍も恥ずかしい思いをしてしまったという、お間抜けなオチでした。

  

今さら無垢なフリができないぐらい卑猥な知識が増える

f:id:naataso:20171022055843j:plain

BLって本当に業の深いシュミで、

エロに関する知識が、どんどんついてきます。

 

別に欲しいとも思っていないのに気がつくと知識がついてしまうところは、腹の周りのぜい肉に似ている。(嬉しくない)

 

読み手は何度も読んだプレイに飽きるので趣向の違った作品を求めるし、

それに応えるように作家さんもどんどん新しいカタチのエロを掘り出してくる。

需要と供給という泉からたくさんのエロが湧き出てくる仕組みです。

 

最近はオメガバースや獣人系のファンタジーエロが売れているようでランキングで目にします。

これがめちゃくちゃディープな世界で、数々のエロを嗜んできたと自負する自分でも胸焼けがするぐらい。

 

読んでて悲鳴をあげそうになったのは、

「亀頭球」という新しい単語を知った時。

( 知りたいっていう猛者はぐぐってね)

 

もうね、

犬の交尾を人間のオス同士のセックスに応用するって、

アブノーマルの競演かよ。

自分が足を突っ込んでいる沼の罪深さを改めて痛感させられました。 

 

まあ、人間の慣れって怖いもので、

最初は衝撃的だったものでもすぐに慣れてしまうんですけどネ。

 

そして一通り満足するとまた新しいエロを探して嗅ぎまわり始める...

というサイクルを繰り返しながら、今日も業を深めていきます。

 

終わりに

明るく楽しい腐女子ライフ!みたいなエッセイとかコミックとかはありますが、

実際の腐女子としては、日陰の趣味を持つものとして、

日なたに出るときは常に小脇に爆弾抱えてる感じがあります。

そういう忍びながら生きてる腐女子もいるよってことで書いてみました。

もし共感してくれる人がいてくれたら嬉しいです。

私がBL漫画の電子書籍でRenta!を使い続けてる理由

電子書籍のBL漫画に挑戦したいけど、いろんなサイトがあって正直どこを選んでいいのかわからないって人はたくさんいると思います。

 

私自身、

最初は「漫画は絶対、紙で読む派!!」だったのに、

・紙のBL漫画はかさばる

・親バレしたくない

という主に2つの理由でBL漫画を電子書籍で買い始めました。

 

電子書籍のサイトは最初は「天下のamazonさん一択だろ!」ということでkindleで読んでいましたが、ここ4年ぐらいはRenta!というサイトに落ち着いています。

 

ということで、私がなぜRenta!を使い続けているのかについて、書いていきたいと思います。

 

そもそもRenta!とは?

そもそも、Renta!というサイトは(株)パピレスという会社が運営している電子書籍のすレンタルサイト。

電子書籍の会社って、スマホでよく出てくるエロいバナー広告のイメージから、なんとなくグレーゾーンな印象があったんです。

でも調べてみると、1996年から電子書籍を取り扱っているそう。ここ何年かの勢いがめざましい電子書籍ですが、インターネットが国民的に普及する前からやってるってすごい。

あと業界初の上場企業でもあるらしく、意外とちゃんとした(失礼)企業が運営してるんだなーということがわかりました。

 

Renta!のどこがいいの?

まあでも、電子書籍のサイトといえば、大手ネットショップが運営しているkindle・yahooブックス・楽天koboが最初に浮かびますし、

専門サイトではコミックシーモアやBookliveなどのたくさんの競争相手が日夜しのぎを削っている状況。

 

その中からRenta!を利用するメリットを改めて考えてみました。

 

続きを読む

[おすすめ]最近読んで面白かったBL漫画まとめ①

読んで「よかった!!」と思ったBL漫画をまとめていきます。

これから②以降も更新していきたいと思います。

 

なお殿堂入りした作品はこちらです↓

blog.boyslove-labo.pink

 

ではサクサク紹介していきましょう。

続きを読む

何度でも読み返したい!殿堂入りのおすすめBL漫画まとめ

 「このBL漫画、おもしろいのかな?」

そう思ったら、アマゾンはもちろんBLのレビューサイトや電子書籍の配信サイトでたくさんのBL漫画の評価を簡単に見れる。

 

ですが、簡単に面白いBL作品を選べるかというと、意外とそうでもなくて。

レビューの評価が高くてもその作品が自分に合うかはわからないんですよね。

 

「えっなんでこんなに評価高いの!?」って思うこともあれば、

「反対意見もあるかもだけど、私はこれ好きだな〜」って思うこともある。

  

だったら、1人の中の殿堂入り作品をまとめたら、なんとなく傾向がわかるのでハマる作品に出会う確率が高くなるかなー?

ということで、私の中の超おすすめ作品を9つ集めてみました。

 

まあ知名度のある作品が多くなってはしまうのですが、もし今まで知らなかった作品に出会えてあわよくば感動してくれたら嬉しい!

 

 では紹介していきます!

 

続きを読む

BL初心者のための一般作品のおいしい腐らせ方

こんにちは。naatasoと申します。

趣味はダイビングと旅行。

週末はヨガに行ったり友達とバーベキューをしたりしています。

 

はい。

ウソです。

 

趣味は BL!!

 

商業作品も読むけど、

特に普通の漫画やアニメを腐化させて妄想するのが何より大好き!!

 

ということで、非BL作品の腐化のさせ方を私なりに書いていきたいと思います。

BL初心者の人は参考にしてみてください。

 

 !!!注意!!!

2次創作は一般の人が嫌悪感を抱く恐れがあります。

あくまでアンダーグラウンドな趣味なので住み分けは徹底しましょう。

 

続きを読む

服部平次の工藤新一への愛はちょっと普通じゃない[名探偵コナン]

f:id:naataso:20170702022137j:plain

服部平次といえば、工藤新一に負けずとも劣らない推理力を持つ西の高校生探偵。劇場盤ではメインを張るほどの人気キャラクター。

 

また、語尾にやたらと「工藤」をつけることで

知られ、ネット上では「せやかて工藤」というネタも知られています。

その結果、映画「から紅の恋歌」のキャンペーンで名探偵ヘイジという公式サイトがつくられ、めちゃくちゃネタにされるという事態に。笑

 

こういうネットのネタって事実の一部分が誇張されていることが多いのですが、

実際の原作はどうかというと、

服部の工藤にかける情熱は本当にすごい

と思うのでまとめてみました。 

 

  • コナンの正体を自力で見破った服部
  • 定期的に工藤と電話する服部
  • 工藤の前ではお茶目が過ぎる服部
  • 工藤の言った言葉をよく覚えている服部平次
  • 工藤のためならすぐに大阪から駆けつける服部
  • 工藤との固い絆を信じている服部
  • 工藤に擬態し始める服部平次
  • コナンの良き理解者である服部平次
  •  終わりに

 

※劇場版の「迷宮の十字路」や、コミックス29巻・42巻のネタバレを含みますので、ご注意ください

続きを読む

はらださんの新作『にいちゃん』の感想をざっくりと

にいちゃん について。 

にいちゃん (Canna Comics)
にいちゃん (Canna Comics)
posted with amazlet at 17.04.26
はらだ
プランタン出版
売り上げランキング: 111

Renta!で先月ぐらいに1話ずつバラ売りしてたんです。(今は販売終了)

 

「はらださんのショタかぁ、おいしそうグヘヘ…」ぐらいの浅はかさで購入しました。

 

完全にあほです。

 

発売は4/27ですが一足早く感想を書きたいと思います。ざっくりなんでネタバレとかはないかと。

続きを読む